学業/就職活動の変化が学生にもたらす影響 支援を必要とする学生とは?

実態が把握しにくい、「支援を必要とする学生」

昨今、アクティブラーニングに代表されるように、自発的に考えて行動する授業が増え、就職活動においても、リーダーシップやコミュニケーションが重視される時代になりました。そうした環境の変化の中で、生きづらさを感じている学生も増えています。

昨今話題になっている、発達障害学生の困り感が顕著ですが、それ以外にも多くの困り感を抱える学生がいると推測されます。

また、困り感はなかったとしても、ちょっとした支援により、もっと成長する多くの学生も存在すると思われます。

実態が把握しにくい、「支援を必要とする学生」

大学側で支援している学生は氷山の一角、
現在支援されている学生の数倍以上もの学生が支援を必要としていると言われています。

クラウド手帳&コミュニケーションアプリ「Booster」について

Booster
開発コンセプト
  • 学生自身の自立を促す手帳アプリ
  • 時間割・出欠管理、ToDo、グループチャットまで、学生生活の自立に必要な機能を搭載
  • 学生一人ひとりへのちょっとした支援を実現するための伴走機能

私たちは、Boosterにより、困り感を抱える学生が「ちょっとやり方を学べば」、「ちょっとした支援があれば」、もっと充実した学校生活が送れるし、 もっと成長するのではないかと考えています。「Booster」とは、ロケットの補助エンジンのことです。「Booster」が、ロケット本体に推進力をつけ、役割が終われば海に落ちていくように、 学生が社会へ飛び立つための補助エンジンの役割を果たしたいと考えています。

Boosterによる伴走型支援の仕組み

Boosterによる就職支援の仕組み

伴走型学生支援アプリ「Booster」の導入メリット、機能紹介、トライアル導入についてご案内しております。

 

大学が抱える課題に役立つ情報や
Boosterの活用方法をわかりやすく解説
活用事例・コラム

発達障害のある学生は大学生活で、なぜ、どんなことを困っているのでしょうか。また、発達障害とはどのようなもので、教職員としてどのように関わればいいのでしょうか。大学関係者が最低限知っておきたい基礎知識…

大学生活の中心となる学習面において、発達障害のある学生は多様な困りごとを抱えることがあります。その時、大学は、教職員はどのように「合理的配慮」を行えばいいのでしょうか。また、対応において、どのような…

プライベートレッスン、大学、企業で基礎英語、工業英語、TOEIC対策、その他ビジネス英語を教えている身の上として、生徒さんたちが、着々と英語を理解し、実力をつけていくのを確認しています。しかしだいたい同じ…

課題から活用事例・コラムを探す

資料のお取り寄せ、
ご利用のお試しはお気軽に

「支援を必要とする学生」への
具体的な支援方法をご提案

Boosterの導入による効果導入実績

Booster導入が学生の自己管理のきっかけに!

Boosterを出欠管理、レポート提出管理に活用しています。段階を踏んだ支援により、学生の自己管理力が向上。今後はどんどん対象学生を広げていく予定です。

A大学関西
学生に寄り添う相談を実現

コンタクトを取りにくい学生にBoosterを活用。学生とのコンタクトの頻度が上がることで学生との距離が縮まり、困りごとを本音で話してくれるようになりました。メールだと過去のやり取りをたどって探さないといけな…

C大学関西

 

他大学の取組や活用方法を直接お知らせします。 導入セミナー

【関西】今後、セミナーを実施する予定です。しばらくお待ち下さい。
開催日

     

    よくあるご質問